やけどすると水ぶくれができる理由
はんだ付けをしている最中、誤ってはんだごてに触れてしまい、やけどしてしまいました。
はんだごてに触れたときの皮膚の焼けるにおい「ジュッ!」という音・・・。
思い出しただけでもガクガガクブルブル・・・。

すぐさま氷で冷やしたのですが、冷やしておかないとヒリヒリジンジン痛みが来て、
氷が手放せなくなってしまいました。
そうやって冷やしていると、やけどしたところに水ぶくれができてきました。
a0028792_4343.jpg

そこで思ったのが、「やけどするとなぜ水ぶくれができるのか?」
検索すると、『キグロマサナオ雑学の館』というサイトにこうありました。

火傷のあと、水ぶくれができるのは何故?
高熱の物に触れると、火傷(正しくは「熱傷」)になってしまいます。
さてこの火傷。なったあとに水ぶくれ(こちらも正しくは「水疱(すいほう)」)が出来ますが、
これは何故でしょうか?
水ぶくれ、とは漢字で水脹れ。つまりそのまんま「水でふくれる」という意味です。
その名の通り、水脹れとは皮膚内に水が溜まり、皮膚がふくれた状態なのです。
皮膚というのは大きく3段になっていて、一番上(外側)が表皮、次が真皮、一番奥が皮下組織となっています。
水ぶくれとは、火傷の被害が真皮まで達した状態の時に起こります。
真皮には、表皮に無い毛細血管が通っています(皮下組織にも通っています)。
火傷を負うと、この毛細血管の一部が切れるかなんかし、中の血液が出てきます。
このとき出てくるのは血漿(けっしょう)という液体。
これが火傷によって出来た真皮内の傷(隙間)に入り込み、水ぶくれを作り出すのです。


やけどするとできる水ぶくれの"水"は血漿なのだそうです。
血漿とはここによると、

血漿はほとんど水分ですが、生命に欠かせないいろいろな物質が含まれています。
血液は酸素以外に栄養物や老廃物などいろんな物質を身体中に運んでいますが、これを行っているのが血漿です。
やけどをした時の水ぶくれの中身はこの血漿です。ですから大きなやけどをすると血漿が大量に失われます。
血漿の輸血が必要となります。

このことから大きなやけどは血漿の不足により命にかかわるものとなるみたいです。

三共のサイトによると、

やけどが命にかかわる原因
皮膚が広範囲に傷害されると、体液が体外に流出した結果、体の中を循環している血液の量が減少して血圧が低下したり、細菌が体の中に侵入して重篤な感染症を併発するなど、大変危険な状態になることがあります。

やけどの段階
I度のやけどは表皮のみのやけどで、皮膚が赤くなってヒリヒリ痛むのが特徴ですが、たいていは特別な治療は必要とせず、3~5日でやけどの部分の皮がむけ、新しい皮膚ができて治ります。
II度のやけどは真皮まで至るやけどで、水ぶくれ(水疱)と激しい痛みが特徴です。細菌感染を伴わなければ、浅いものでは1~2週間、深いものでは3~4週間で新しい皮膚に置き換わって治ります。細菌感染を伴ってしまいますと、治癒までの期間が伸びてしまうばかりでなく、III度のやけどに進行することもあります。
III度のやけどは皮下組織まで至る皮膚全層のやけどで、表面はなめし革状や炭化状を呈し、痛みを全く感じないのが特徴です。新しい皮膚の再生は望めず皮膚移植を必要とします。やけどの範囲がたとえ小さくても、細菌感染から全身の感染症を併発し、予後不良となることがありますので、受傷直後から適切な医療機関で治療を受ける必要があります。

やけどの応急手当
水道の流水か冷たい水で10~15分間、患部を冷却してやけどの進展を防ぎ、痛みを軽減させます。衣服を着ている場合のやけどでは、熱い衣服を無理矢理はがすのは禁物で、衣服の上から水をかけて冷やします。衣服が冷たくなったら、皮膚を損傷しないように慎重に脱がせるか、ハサミで切り開いて脱がせます。
やけどの応急手当では、空気中の細菌による感染を防ぐため、患部の被覆が必要になります。通常、薬は塗らずに、清潔なガーゼや布、あるいは包帯で患部を緩めに覆います。水疱をつぶすのも感染の原因となりますので、水疱は絶対に破らないよう心がけてください。

つまり、今回自分が負ったやけどは
・水ぶくれができたことからII度のやけどである。
・II度のやけどなら細菌感染を伴わなければ、浅いものでは1~2週間で治る。
・水ぶくれをつぶしてしまうと、そこから細菌感染が起こってしまうので症状がひどくなってしまう。

ということらしいのでこの辺に気をつければ大丈夫そうです。

とにかくやけどしたらすぐに冷やすこと。軽いやけどなら進展を防ぐことができますからね。
あと重度のやけどはすぐ救急車を呼ぶこと。まあ当たり前ですね。

みなさんもやけどには気をつけてくださいね。
[PR]
by yhashimo43 | 2004-06-26 04:35
<< DEATH部屋がオープンしたそ... おいしい冷凍食品いかがですか? >>